子どもと公園と遊びの変遷展−子ども達に魅力的な公園を−

かつて震災や戦災で荒廃した町の中では遊び場所がなく、子どもたちは行き場をなくしました。

そんな時代に子どもの遊び場を真剣に考え、作り出してきた大人たちの思いがありました。

大人たちがどのようにして子どもの遊び場を誕生させてきたのか、曾祖父母から今の子どもたちまでの遊びや公園の変遷をたどりながら、この先公園に子どもの声を絶やさないためにはどのような仕掛けが必要か、過去に学び、これからのニーズを捉える展示をパネルで紹介し、本書はそれをまとめた冊子です。

出版社: 東京都公園協会; 初版 (2017)
A4横版30頁
  • 400円(税抜)